お知らせ

去勢後はおとなしくなる?去勢手術のメリット

2020年06月15日

去勢のメリットは?

マウンティング行為の減少

通常ワンちゃんは、毛布などの布類やぬいぐるみ、人の足元でマウンティング行為をすることがあります。
去勢手術をすることでその行為が見られなくなる傾向にありますが、関係ない場合もあると報告されています。運動不足や躾不足、気分が高揚して行うことも十分考えられます。

集中力が上がる

周囲のワンちゃんへの関心が低くなり、集中力が上がることがあります。

凶暴性や支配性が抑制される傾向にある

去勢手術をすることで男性ホルモンの一種である「テストステロン」が低下し、凶暴性が抑制される傾向にあります。
ただし完全に消失するわけではないため個体差があり、問題行動がある際は特別なトレーニングが必要です。一部の研究ではテストステロンの減少は凶暴性と相関がないとされており、効果があるとは言い切れません。

マーキング行為が減少する

テストステロンの減少により、マーキング行為や足を上げる行為が消失あるいは少なくなる可能性があります。ただし前項同様、必ずしもそうなるとは言い切れません。

周囲のワンちゃんに狙われない

去勢をしていなければ、ライバル視した周囲のワンちゃんが襲ってくる可能性があります。しかしその心配が軽減されます。

メスを追わない

実はメスの発情は、数キロ先からでも感知することが可能です。しかし去勢済のワンちゃんには影響がなく、よだれや落ち着きのない動き、脱走の心配がありません。

前立腺肥大のリスク低減

中には無症状なワンちゃんもいますが、未去勢の場合7歳以上のワンちゃんの80%が前立腺肥大の問題を抱えています。遅すぎるということはありませんので、成犬であっても排尿や排便をつらそうにしていたら手術をご検討ください。
テストステロンの値が低下すると、前立腺が縮小して治ることが大半です。

精巣腫瘍の可能性がゼロに

未去勢のワンちゃんの一部に、精巣腫瘍ができる可能性があります。発症率はわずか7%であるうえに約90%が完治しますが、去勢手術を行えば発祥の可能性がゼロになります。
なお1歳以上のワンちゃんの睾丸が1つも降りていない場合、発症率が通常の14倍に上がります。その場合は手術を前向きにご検討ください。

肛門周囲瘻のリスク低減

「肛門周囲瘻」は治療が難しい病気ですが、去勢によってリスクを低減できます。なおアイリッシュセッターとジャーマンシェパードについては、発症リスクが高いのでご注意ください。

計画していなかった子犬がうまれない

望まない交配が起こることがないため、無計画な繁殖がありません。

去勢のデメリットは?

肥満リスクの増大

一般的に去勢後はホルモンバランスが変化し、食事の必要量が減少します。しかし食事量や運動量の調整を怠ると、肥満になる可能性が2倍になるのでご注意ください。

血管肉腫のリスク増大

血管肉腫とは、血管の内側を覆う細胞に腫瘍ができることです。通常は生殖ホルモンが発症リスクを若干抑えていますが、去勢をすることで発症リスクが増大する傾向にあります。下記の犬種に該当する場合、特に発症しやすいためご注意ください。
【アフガン/イングリッシュセッター/グレータースイスマウンテンドッグ/ゴールデンレトリーバー/サルーキ/ジャーマンシェパード/ショートヘアードハンガリアンビズラ/スカイテリア/スコティッシュテリア/ドーベルマン/バーニーズマウンテンドッグ/ブービエデフランダース/フラットコーテッドレトリーバー/フレンチブルドッグ/ブルドッグ/ベルジアンシェパード/ボクサー/ボストンテリア/ラブラドールレトリーバー/ローデシアンリッジバック/ロットワイラー】

甲状腺機能低下症になるリスク

去勢手術により生殖ホルモンを失うと、内分泌系に異常が生じ甲状腺機能低下症になる恐れがあります。主な症状は元気がなくなることや、薄毛、体重の増加です。ただし、甲状腺サプリを与えることで改善が見込めます。

認知機能障害になるリスク

去勢をせず生殖ホルモンを残すことで、認知機能障害の発症リスクを低減させられます。認知機能障害になった老犬は家で迷子になったり学習したことを忘れたりするだけでなく、家族への行動が変化する症状を発現します。

去勢手術は避けた方がよい?

アメリカの調査では、20回に1回程度トラブルが起きています。具体的には麻酔の拒絶や感染症などですが、いずれも命にかかわらない場合が多いため心配は無用です。ただし1%の確率で亡くなることがあるため、起こる可能性があるものとして知っておいてください。

早すぎる去勢はNGです!

生殖ホルモンは関節や骨、内臓の正しい発達をサポートしてくれます。そのため去勢のタイミングがあまりに早いと、発達に悪い影響を及ぼすことがあるのでご注意ください。
具体的に挙げると股関節形成不全や靭帯損傷、尿失禁や骨癌です。いずれも重大な疾患なので、去勢のタイミングは獣医師と話し合いのうえで慎重にご決断くださいませ。

去勢をすれば問題行動がなくなるのは本当?

これは、スカイラボに寄せられる中で多い質問のひとつです。・ほかの犬を敵視しすぎて遊べないため、去勢を検討している
・噛み癖がひどく困っているので、早く去勢をすべきなのか
・吠えすぎて近所迷惑になっているが、去勢手術で改善できるか

上記のような、去勢手術と問題行動に相関があるのかどうかを尋ねられることがよくあるのです。
去勢手術が問題行動を改善させるのか、と聞かれると、答えは「イエス寄りのノー」です。減少する可能性は十分にありますが、問題行動は一度習得すると忘れるためにトレーニングを要します。
また上記の問題行動が、本当に去勢と相関があるのかを考えてみましょう。
例えば飼い主さんのワンちゃんが先にドッグランで遊んでいて、その後やってきたワンちゃんたち全員に襲いかかっていたら…果たしてこれは、本当に未去勢が原因なのでしょうか?もし飼い主さんのワンちゃんが毎日のようにそこのドッグランを訪れているのならば、そこを無意識に自身の縄張りだと思っているのかもしれませんね。
そういったケースに関しては、去勢手術ではなく環境づくりに原因があると思われます。
答えがわからなくなったときは、人間に置換してみればよくわかりますよ。
前々から気になっていた居酒屋に勇気を出して行ってみたら、常連さんだらけで気まずい思いをしたことはありませんか?常連さんたちは悪気がなくとも、店に慣れているため変な空気が生じるのです。それと似ていますよね。
今回のケースにおいては、下記の行動で改善できることがあります。

・ほかのワンちゃんがドッグランに近づいてきたら愛犬を一旦そばに寄せ、相手の行動を観察してから再度放す
・滞在時間を15~30分ほどに短縮し、訪れる頻度を無理のない程度に減らす
・ほかのドッグランへ遊びに行ってみる

ぜひお試しください。

 

マーキング問題は改善される?

去勢手術は一般的にマーキングへの効果が期待されていますが、必ずなくなるとは言い切れません。個体差やホルモンバランスによって異なりますし、すでに癖になっているかもしれません。
スカイラボではマーキング癖のあるワンちゃんをお預かりすることがあります。以前ケージへ入っていたにも関わらず、外に向けて360度マーキングをした大物のワンちゃんがいました。もちろん去勢手術後に改善されることもありますが、必ずしもなくなるとはいえませんのでご理解ください。なおマーキングの問題は、環境の改善やトイレトレーニングで解消されることもありますよ。

未去勢のまま交配を検討している方へ

交配後、以下の症状が発現するかもしれません。・人間やほかのワンちゃんへのマウンティング行為が増大する
・マーキング行為や攻撃性が増大する
・ケンカが増える
・飼い主を無視する(多頭飼いの場合特に起こりやすい)

交配したからといって必ずしも希望の犬種が生まれるとは限らず、無責任に行うことは危険です。ただしいブリーディングには膨大な時間や労力、お金がかかります。利益目的で行うのは、おすすめできません。