去勢・避妊

ねこの去勢・避妊

ねこの去勢・避妊

目的

避妊・去勢手術の大きな目的は、動物自身の病気を予防し生活の質を向上させ、人間社会の家族の一員として中で長く幸せに暮らすことです。また、望まれない不幸な動物を増やさない目的もあります。

期待できる効果

健康

性ホルモンに関わる病気を予防します。

男の子なら、精巣の腫瘍の予防に効果があります。女の子なら子宮・卵巣の病気、乳腺腫瘍などの予防に効果があります。猫の乳腺腫瘍はそのほとんどが悪性である乳がんのため、その予防は非常に重要です。

行動

性衝動、攻撃や威嚇、屋外への脱走、過剰な発情などの行動が減少します。

オス猫のスプレー行動(マーキング)、メス猫の強い発情などの性行動は、動物にとっても人間にとっても大きなストレスになります。手術により動物と家族がより良い関係を築くことが可能になります。

社会

望まれない不幸な動物が減少します。

以前に比べると大きく減少しましたが、いまだに全国では年間に6万匹以上の猫が殺処分されています。「うちの猫は外に出ないから。」という声も聞きますが、猫は容易に屋外に脱走することができますし、災害時に多数の猫が屋外に逃走することもありえます。不妊手術を行うことは一つの命に対する責任ではないでしょうか。

最適な時期

● 男の子も女の子も生後5~7ヶ月での手術をおすすめしています。

当院では健康・成長状態などから、最適な時期をご提案するようにしています。まずは遠慮なく相談ください。

避妊手術後の予防効果

犬と同様に早期手術が乳腺腫瘍の予防に繋がります。6ヶ月までに避妊手術を行うと91%予防可能ですが、2才を過ぎてしまうと効果は期待できなくなります。

避妊手術後の予防効果

どのような手術?

  • 動物病院で最も多く行われる手術
  • 全身麻酔が必要
  • 当院の手術方法では抜糸の必要はなし

● メスねこの避妊手術

全身麻酔で両側の卵巣と子宮を摘出します。
約4cmの傷で手術を行い、特殊な溶ける細い糸で埋め込み縫合を行うため、基本的にエリザベスカラーや抜糸は必要ありません。

当院では動物の負担をできる限り少なくするための安全性の高い麻酔の選択、術後のトラブルを少なくする高品質な合成吸収縫合糸の使用、痛みを緩和する処置を心がけています。

術後の回復を早める疼痛管理

手術に伴う強い痛みは、人間と同様に動物でも感じいて、痛みをコントロールすることで手術後の回復が早いことが論文で証明されています。痛みをコントロールする薬は比較的高価ではありますが、当院では動物の回復を優先し積極的に使用しています。

● 去勢手術とは

全身麻酔の下で両側の精巣(睾丸)を摘出します。傷も小さく抜糸の必要もありません。

猫の去勢手術は短時間で終わる基本的な手術のひとつですが、全身麻酔をかけることに変わりはないため、安全・安心を第一に確実で厳重な管理のもとで行っています。

停留睾丸(潜在精巣、陰睾)の場合の去勢手術について

精巣が陰のうの中でなく、皮下やお腹の中に留まっていることを停留睾丸と呼びます。
お腹の中に精巣がある場合は女の子と同じように開腹手術が必要です。

安全性について

去勢・避妊手術の事故件数は、恐らく手術全体で最も多いと思われます。その理由は最も多く行われている手術だからでしょう。しかし理由は実施件数が多いからだけではなく、去勢・避妊手術は簡単な手術だという認識が、飼い主様だけではなく獣医師の側にも一部で存在していることが、大きな要因となっていると思われます。
去勢・避妊手術は簡単な手術ではなく、件数が多い故に最も慣れた手術といえるでしょう。慣れや油断が事故につながることを理解し、1件1件それぞれに力を尽くす必要があります。

当院では避妊去勢手術においても、手術前の検査、手術室の衛生管理、よりよい道具の選択、安全な麻酔管理、熟練した手術者による執刀と指導、1日の手術件数の制限などを常に実行し、妥協を許さず行っています。これらの手術に対する考えは、すべての手術に共通です。

費用

● 女の子

¥27,000(税別)〜
  • 術前検査費用(血液・レントゲン)や入院・手術・痛み管理費用など、全ての費用を含みます。

内容

  • 血液検査、胸部レントゲン検査
  • 全身麻酔下での開腹による卵巣および子宮の摘出
  • 日帰りか1泊2日は相談の上決定

※ 埋め込み縫合を行うため、エリザベスカラーや抜糸は必要ありません

● 男の子

¥19,000(税別)〜
  • 術前検査費用(血液・レントゲン)や入院・手術・痛み管理費用など、全ての費用を含みます。
  • 費用抑制のため術前検査を省略する場合は15,500円(税別)となります。

内容

  • 血液検査および胸部レントゲン検査
  • 全身麻酔下での左右精巣摘出
  • 日帰り

※ 抜糸は必要ありません

よくある質問

    手術を受けると本当に太りやすくなりますか?
    同じ種類、同じ量のフードを食べていても太りやすくなることが予想されます。また、食欲が増すこともあります。
    これは規則正しい食事、適切なカロリーコントロールとで対応することができますので食事管理について気軽にご相談ください。
    手術後のエリザベスカラーを着けたくないのですが
    当院ではオスもメスも手術後に皮膚に糸が出ていない状態のため、基本的にカラーをつける必要はありません。また抜糸をする必要もありません。
    性格が変わってしまうのでしょうか?
    基本的にその猫が持って生まれた性格が変化することはありません。オス猫ではマーキングなどが少なくなり、メス猫では発情行動がなくなるため、少し落ち着いたと感じることがあるのではないかと思います。

    去勢・避妊手術のメリットは、デメリットをはるかに上回ります。
    不安なことは、何でも当院にご相談ください。