手術

手術について

手術について

一般手術・整形外科

当院は、幅広い病気を診断・治療しています。確実な診断のもとで難易度の高い手術も実施しています。実施している分野は、一般的な開腹手術から、難易度の高い腫瘍切除、整形外科(骨折整復や椎間板ヘルニア手術など)などです。
また、当院で対応が難しい手術の場合は他の診療施設と連携してスムーズなご紹介に努めますのでご安心下さい。(例:白内障手術、頭蓋内手術、心臓手術、多くの設備と人員が必要な手術など)

麻酔・手術に対する宣言

当院では手術を受ける動物に対して次のことを遵守します。

  • 全ての手術を受ける動物に痛み管理を行います。
  • 不必要な恐怖を与えない扱いを心がけます。
  • 機械的に動物を管理せず、個々の動物の性格や状態に合わせた麻酔を行います。
  • 人の「安全な麻酔のためのモニター指針」に準じた麻酔管理を行います。

ペインコントロール(痛み管理)について

人も動物も「痛み」を感じます。特に手術時には避けることができない強い痛みを伴います。
人と違って動物は痛みに鈍感で痛みに強い、といった間違った認識が以前はありました。
痛みを管理するには麻酔以外に痛みをコントロールする薬を使う必要があります。不必要な痛みや恐怖を与えることが麻酔のリスクを上げ、また手術後の経過を悪くするおそれがあります。
当院で行っている痛み管理の方法を紹介します。

●原則全ての手術に使用する疼痛管理剤

  • 非ステロイド消炎鎮痛剤
  • 局所麻酔剤(ブピパカイン・リドカイン)
  • ブトルファノール(オピオイド)
  • ケタミン(麻薬系鎮痛剤)

●痛みの強い手術に使用する疼痛管理剤

  • モルヒネ(麻薬系鎮痛剤)
  • ブプレノルフィン(オピオイド)
  • 硬膜外麻酔

●非常に強い痛みを伴う手術に使用する疼痛管理剤

  • フェンタニル(麻薬系鎮痛剤)

手術後の保護具について

名古屋みらい病院では手術後に傷口を保護するための保護具を用意しております。ペットの好みや傷の状態によって選ぶことができます。

エリザベスカラー
エリザベスカラー

一般的な術後保護具です。

術後服
術後服

視界が遮られることがなく、身動きも取りやすい術後服です。

手術実績

名古屋みらい動物病院で行ってきた様々な手術の実績から一部をご紹介いたします。

エキゾチックアニマル手術

  • うさぎの去勢手術
  • うさぎの避妊手術
  • ハムスターの体表腫瘤切除
  • フェレットの腸管内異物摘出
エキゾチックアニマル